低身長症とは!?原因・治療方法・治療費について!


低身長症とは病気により、身長が伸びないで止まってしまう病気の「総称」になります。
低身長症と一言で言ってもどの病気により低身長症になったのかで原因も治療方法や治療費も違います。

 

 

低身長症の原因は3つある!


全体的に低身長症になる原因は成長ホルモンの分泌が減少していたり、止まってしまう@成長ホルモン分泌異常、骨や染色体などに先天的な異常があるA先天的異常、内臓部分の疾患で引き起こされるB内臓疾患異常3つの原因に分かれます。

 

 

低身長症の原因は全部で3つ
原因@ 成長ホルモン分泌異常
原因A 先天的異常(骨や染色体異常)
原因B 内臓疾患異常

 

 

低身長症の病気の一覧!治療方法・治療費は!?


低身長症の病気は多数あります。その中でも治療方法と治療費は気になるところですね。
治療費は全体的に高額になりやすいのですが、きちんと国の助成があります。助成が適用になるかならないかで大きく違いますね!

 

 

成長ホルモン分泌不全性低身長症

脳が外傷を負ったり、脳に腫瘍が出来たりすると成長ホルモンを生成する場所に異常をきたしてしまいます。

 

この病気にはこのように原因がある場合もあれば、原因が分からずに成長ホルモンの分泌量が減少して低身長になるケースもあります。
はっきりとは判明されていませんが、ストレスが関係している説があります。

 

治療方法 ホルモン剤投与
治療費用の参考例 ●月8万円〜(助成無し)●月6000円〜(助成あり)

 

 

SGA性低身長症

妊娠している時の子宮内でうまく育つ事が出来ず、出産時に標準の身長や体重よりも大きく下回っている状態を指します。未熟児とも言われます。
しかし、成長するにつれて周囲の同い年の子供達の標準に追いつく事が出来る事が多い為それほど心配する症状ではありません。
※ごく稀にそのまま標準よりも大きく下回った身長・体重の状態が大人まで続く事もあります。

治療方法 3歳児までに治る事が多い
治療費用の参考例(ホルモン剤受ける場合) ●月8万円〜(助成無し)●月6000円〜(助成あり)

 

 

甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンの分泌が減少する事で起きます。成長させるホルモンは成長ホルモンがメインですが、甲状腺ホルモンにも骨を成長させる作用がある為に大きく不足する事で身長の促進を妨げてしまいます。

 

原因は、脳の外傷や腫瘍で下垂体の機能が落ちる事の他に「原発性甲状腺機能低下症」や「先天的なクレチン症」などの甲状腺の病気により甲状腺の機能が低下する事でも生じます。

治療方法 ホルモン剤投与
治療費用の参考例 ●月8万円〜(助成無し)●月6000円〜(助成あり)

 

 

ターナー症候群

染色体に異常が見られる病気です。卵巣機能の低下があり、低身長になりやすくなります。また他の病気との合併症も心配される病気です。

治療方法 染色体異常に対しては無し。低身長に対してはホルモン治療
治療費用の参考例 ●月8万円〜(助成無し)●月6000円〜(助成あり)

 

 

プラダー・ウィリー症候群

染色体異常の病気です。5番染色体に異常があります。低身長の症状のほかに性腺が発育されずらかったり発達障害も引き起こされます。

治療方法 染色体異常に対しては無し。低身長に対してはホルモン治療
治療費用の参考例 ●月8万円〜(助成無し)●月6000円〜(助成あり)

 

 

ヌーナン症候群

常染色体優性遺伝性疾患です。いわゆる染色体異常の病気になり低身長を引き起こします。

治療方法 染色体異常に対しては無し。低身長に対してはホルモン治療
治療費用の参考例 ●月8万円〜(助成無し)●月6000円〜(助成あり)

 

 

軟骨異栄養症

骨の軟骨細胞の増殖が通常よりも劣ってしまう病気です。低身長を引き起こす「軟骨無形成症」や「軟骨低形成症」などを総称して呼びます。

治療方法 本格的治療方法無し。低身長に対してはホルモン治療があり
治療費用の参考例 ●月8万円〜(助成無し)●月6000円〜(助成あり)

 

 

内臓系疾患による影響

内臓の疾患がある場合には身体全体に栄養が行き渡らない状態になります。栄養欠如により低身長が起こります。

治療方法 疾患している内臓部位による
治療費用の参考例 病気の種類による