背が高くなる薬は本当にある!背が伸びる薬は通販不可!?


低身長で悩んでいる人には衝撃的かも知れないですが、「背が高くなる薬」は実在します^^。
背が伸びる薬という名目ではないのは、医薬品として使用する薬だからです。

 

医薬品と言う事は医者の診断にて使えるか使えないかが決まります。
その為誰もが服用できる薬ではないと言う事ですね!

 

 

この背が伸びるタイプの薬はすべて「成長ホルモン分泌不全性低身長症」と言われる病気による「低身長」と判断された場合のみです。
病院に行き、身長が止まってしまっている病気と診断された場合にのみ許可される薬になります。

 

 

背が高くなる薬(成長ホルモン系医薬品)一覧
ノルディトロピン

下垂体前葉ホルモンの1つです。このノルディトロピンを投与する事で成長促進効果があります。

 

 

グロウジェクト

成長ホルモンが不足して起こる症状の緩和の他に成長ホルモン自体を活性化させます。

 

 

ソマゾン

背が伸びる根源の軟骨部分(骨端線)の受容体に作用する事が出来ます。骨を伸ばして身長を高くします。

 

 

ソマトロピン

成人の成長ホルモンの分泌が少ない人に投与される医薬品。成長ホルモン分泌を促します。

 

 

ジェノトロピンゴークイック

ノルディトロピンと同様に下垂体前葉ホルモンの1つです。
同じく成長を促進する効果があります。

 

 

 

背が伸びる系の薬(成長ホルモン系医薬品)の副作用は?


成長ホルモン系の医薬品が病気でないと許可されない理由は医薬品なので当然ですが大きな副作用の問題があるからです。
吐き気や視力低下、大量の抜け毛、痙攣、うつ状態、精神不安定状態、震え、不整脈、食欲不振、そしてお腹に水が溜まる症状のネフローゼ症候群になる可能性があります。

 

 

そして最も恐ろしいのが成長ホルモンの投与で起こるとされる癌(ガン)の発育促進、白血病の発育促進などです。
研究段階で確実とは言えませんが、成長ホルモンの投与や癌や白血病の発育を促進させる可能性があるとされています。

 

 

 

成長ホルモンを活性化「アルギニン」は使用可能!通販も可能!


成長ホルモン分泌刺激試験の薬として使われている成分に「アルギニン」があります。小児科の診療で低身長の子供に対しての検査にこの「アルギニン」を点滴で投与して自己成長ホルモンの分泌が認められるか使われていました。

 

 

医薬品ですが、一定の量ならば一般販売が出来るサプリメントとして許可されました。
日本では唯一の市販で購入可能な「成長ホルモンを促進する事が認められている薬(サプリメント)」になりますね^^。

 

 

背を高くしたいけど、低身長症でもないので医薬品は許可されないし、許可されても副作用が怖いと悩むならまずは市販でも購入出来る成長ホルモン促進成分である「アルギニン」含有のサプリメントを試してみるのも1つの方法ですね!

 

 

事実としてアルギニンサプリメントで背が伸びる事が出来たとの口コミも多いので使ってみる価値はありそうです!
(口コミ:某大手の子会社運営のサプリメント比較サイト)

 

 

 

人気が高いアルギニン含有のサプリメント
アルギニン含有商品 アルギニン含有商品はコチラ!