姿勢を正して身長が伸びた!猫背は縮む!?


姿勢を正す事で身長が伸びるのは事実です。それは曲がっていたのを真っ直ぐにするからその分身長が伸びるわけで実際の身長がその背筋を伸ばした状態の身長と言えますよね^^。

 

 

しかし、猫背などの悪い姿勢を良い正常な姿勢に直す事は実際の身長を高くする効果もあるんです^^。
ここが重要なポイントです!

 

 

良い姿勢は身長を高く見せる方法ではなくて、実際にも高くなる要素があるんです!

 

 

姿勢を正して生活する事で実際に身長が伸びる!


真っ直ぐな正しい姿勢をする事で見た目も身長は高く見えますね。そして実際に身長が高くなる要素も隠れています^^。
それは@骨端線に負荷がかかっていない事A消化不良を改善する事B腹筋を知らずに使って運動している事の3つの要素があり、実際に背を高くする事をサポートしてくれます^^。

 

 

1 良い姿勢は骨端線に負担を与えない事で身長を高くする


猫背などの悪い姿勢の場合は常に全体的な曲がりから骨と骨を繋ぐ成長の架け橋でもある「骨端線」に負担をかけている状態になります。
この「骨端線」に負担がかかる事で成長を促進を弱めてしまう事になります。

 

 

正しい姿勢は成長させる軟骨である「骨端線」に1ミリ足りとも不可を与えません。
常時骨にダメージがない状態の場合は骨がすくすく成長していきます!

 

 

2 内臓圧迫による消化不良を改善する事で栄養素が行き渡る


猫背などの悪い姿勢の場合は必ず内臓圧迫があります。この内臓圧迫により消化不良を起こす人は多いです。
消化不良は口から摂取した栄養素を十分に身体中に巡らせる事を妨げてしまいます。

 

 

特に背が高くなる重要成分のタンパク質やカルシウムが阻害されてしまうと身長の促進を大きく妨げてしまいます。

 

 

3 良い姿勢でいる事自体腹筋を使っている!


正しい良い姿勢は背筋を張って真っ直ぐな姿勢です。この姿勢は実は腹筋を使っています。
猫背の人がお腹が出てしまうのは腹筋が弱くなっているからです。

 

 

正しい姿勢でいる事で腹筋を使っているので正しい姿勢でいる間は「小さな運動」をしている事になり、成長ホルモンの分泌が活性化されます。
運動すると約15分位から成長ホルモンの分泌が活性化されると言われていますが、良い姿勢の場合は良い姿勢を保った状態で約1時間程度から成長ホルモンの分泌が始まるとされています。