背が高くなる方法は4つのポイントを実践する事!


背が高くなる方法は「成長ホルモン」を促進する事です。成長ホルモンを促進する方法には大きく3つありそれは
@睡眠とA運動とB食事です。

 

そして「成長ホルモンの活性化」を抑えてしまう大敵もいます。それが「ストレス」です。
大人だけでなく子供も社会に入り、自分の気持ちを制御するようになるとストレスは溜まるものです。

 

 

上記の睡眠、運動、食事にこの「ストレスを溜めない生活」をする事を含めて大きく4つのポイントを抑えていれば身長は高くする事が出来ます!
知っている人も多いと思いますが、身長の親の遺伝率は約25パーセントです!それ以外は生活習慣、生活環境で身長に差が出てしまします!

 

 

 

成長ホルモンは分泌ピークがあります。13〜17歳が最も強くその後徐々に停滞していきますが個人差もあり20代後半まで成長を続ける人もいます。
背が高くなる方法は上記の4つですが時期別に4つの対策のどこのポイントを徹底するかが違ってきます!

 

背が高くなる方法もくじ

@ 低身長症とは何か?病気ではないのか!?
A 身長が伸びるメカニズムとは!?
B 背を高くする秘訣は「成長ホルモン」の活性化
C 背が高くなる4つのポイント(総合)
D 背が高くなる薬はあるが使えない!?
E 成長ホルモンを活性化するサプリメントがある!
F 成長ホルモンを活性化させるアルギニンがサプリメントとして販売される事に!
G さらに生活習慣にプラスして成長ホルモンを活性化!
H 小学生(男女)
I 中学生(男女)
J 高校生(男女)
K 大学生(男女)
K 社会人(20代後半までの男女)
L 社会人(30代以降の男女)は整形外科手術がある!?

 

 

まずは「低身長症」などの病気はないか確認する!


子供から20代後半くらいまでなら「成長ホルモンを促進する事」で身長を高くする事が可能です。
後述する4つのポイントを抑えて生活するだでで身長は伸びていきます。

 

 

しかし、それでも身長が伸びない場合があります。それは病気が成長ホルモンの促進を遮ってしまっているようなケースです。
総合して「低身長症」などと呼ばれますが、このような病気が関係しているといくら背を高くする為の習慣が出来ていても結果が出ません。

 

 

通常、低身長以外に何も身体の不調が無ければ間違いなく病気の保有はないです。
しかし、今まで医者に以下の病気の可能性を示唆された事がある人は病院で身長との関係を確認してみましょう!

 

 

低身長症一覧
  • 成長ホルモン分泌不全性低身長症
  • ターナー症候群
  • プラダー・ウィリー症候群
  • 軟骨異栄養症
  • 心臓・肝臓・消化器の疾患
  • SGA性低身長症
  • 甲状腺機能低下症

※「低身長症」の詳細については「低身長症ページ」にて説明しています。

 

 

このような病気がないと確信出来たら以下を読み進めてください^^。
とても稀な病気が多いので大部分の人は病気保有者ではないと思いますが念のため「低身長症」と言われる病気の一覧を記載しています^^。

 

 

どのようにして身長は伸びるのか!?メカニズムとは!?


人間には骨端線(こったんせん)と呼ばれる骨と骨の間にある軟骨があります。骨端線がある理由は骨と骨を繋ぐためです。
この骨端線が身長を伸ばす事と大きく関わっています^^。

 

 

骨端線は毎日細胞分裂をしています。つまり増殖を日々している事になります。
この増殖は「骨芽細胞」による骨を生成する働きと同じに「破骨細胞」による古くなった骨を壊す働きを同時にする事で日々新しい骨になっています。
この増殖を繰り返す骨端線(こったんせん)が増殖しなくなる事が身長が止まる事になります。

 

 

骨端線を増殖させるソフトメジンC(IGF-I)は成長ホルモンで活性化する!


肝臓で作られる「ソフトメジンC(IGF-I)」と言われるホルモンがあります。このソフトメジンC(IGF-I)ホルモンが骨端線の増殖を促進しているんです^^。
このソフトメジンC(IGF-I)を活性化させれば、骨端線の増殖を促進して身長を伸ばす事が出来ますね!

 

 

このソフトメジンC(IGF-I)を活性化させるのにはよく言われる成長の為のホルモンの「成長ホルモン」が関係しています。
成長ホルモンとは脳の底部にある脳下垂体から分泌されるホルモンで、骨を長くしたり、タンパク質を作って筋肉質を促進したり、脂肪分解からエネルギーを作る働きがメインです。

 

この成長ホルモンの働きにはソフトメジンC(IGF-I)ホルモンは活性化する働きがあり、ソフトメジンC(IGF-I)ホルモンが活性化する事で骨端線を増殖させて身長を伸ばす事が出来るんです^^。

 

 

成長ホルモンの分泌が著しい子供の場合は骨のレントゲンを撮影するとこの骨端線(こったんせん)を見る事が出来ます。
医学的には成長する為の線なので「成長線」とも言われていますね^^。

 

 

 

 

 

 

どの時期も身長が高くなる事を促進するのは「成長ホルモン」が決めて!


成長ホルモンは前述の通り、ソフトメジンC(IGF-I)を活性化させる働きがあり、骨端線の増殖を促します。この成長ホルモンの分泌を促す事が出来れば結果的に身長が伸びる事になります。
ではこの「成長ホルモン」はどのような事をすると多く分泌させる事が出来るのでしょうか?

 

 

 

その答えは身長を伸ばす方法でもある睡眠時、運動中、運動後、食事の3つの働きが関係しています。
つまり睡眠、運動、食事はすべて身長を伸ばす「成長ホルモン」と関係しています。

 

 

ココのポイントを徹底的に守り成長ホルモンが活性化するような生活をするだけで身長が短期間で伸びていく事も可能です^^。

 

 


背を高くする方法は「@質が深い睡眠をする事」、「A定期的な運動をする事」、「B成長ホルモンを促進させる食べ物を摂取する事」、さらに成長ホルモンの分泌を妨げる「Cストレスを溜めない事」も重要なポイントになり、このポイントを含めて4つに分ける事が出来ます!

 

 

 

1 質が良い深く長い睡眠をする事


子供でも大人でも身長を伸ばしたい場合は1日にで7時間以上の睡眠は必須です。さらにその睡眠でも質が問われます。
質が良い睡眠で長い睡眠が成長ホルモンをより多く分泌するカギになります。

 

 

成長ホルモンを多く出す為にはその時間に就寝している事が条件です。
成長ホルモンの分泌が最も多い時間帯は、「午後10時〜午前2時の間」と言われています。
この時間帯に睡眠状態にある事が必要になりますね^^。

 

 

さらに分泌を促進するにはこの「午後10時〜午前2時の間」の時間の睡眠がノンレム睡眠である事です。
睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠を繰り返していますが、「大脳を休めるノンレム睡眠」が成長ホルモン促進には必要になります。
レム睡眠は「身体を休める睡眠」になります。

 

 

レム睡眠とノンレム睡眠はのリズム

人間は眠るとノンレム睡眠の状態(大脳を休める状態)から始まりレム睡眠(身体を休める状態)に切り替わります。このノンレムとレムは1セット90分で1回の就寝で4回〜5回繰り返す事になります。成長ホルモンをより多く分泌させるには大脳を休める睡眠の「ノンレム睡眠」が有効とされていますね^^。

 

 

成長ホルモンを分泌する質が良い睡眠をするポイント


質が良い睡眠をするには大きく4つのポイントがあります。

 

寝る前の3時間前から食べ物を食べない

成長ホルモンは空腹している時により多く分泌されます。ある程度の空腹状態で就寝する事が理想の睡眠です。
また満腹状態で寝てしまうと胃の中に食べ物がある為身体が休めなく深い睡眠を妨げる原因になります。

 

 

寝る前のテレビ・パソコン・スマホは禁止!

寝る前に目や脳に刺激を与えてしまうと身体が休む体制に入っていきません。寝る30分前には身体は寝るだけの体制になっている事が理想です。
特に脳や目に強い刺激を与えてしまうものにブルーライトがあります。パソコンや携帯から出るブルーライトは深い睡眠を妨げる原因になります。

 

 

ぬるいお風呂でストレッチが効果的!

ぬるめのお湯(38℃位)にゆっくり浸かり身体をストレッチする事で身体と心が休まります。
そのような状態の後に就寝する事で深い睡眠になりやすくなります。
また、好きな音楽などを小さな音量でかけるのも効果的ですね^^!

 

 

自分に合う寝具を使う

寝具は睡眠の質を上げる為に重要な要素です。
特に枕は重要で、自分にフィットした枕を購入して寝るだけで睡眠の質は上がります。

 

 

 

 

2 定期的な運動(縦方向系が良い)をする


運動は成長ホルモンの分泌を促し、成長に繋がる骨の「骨端線」を刺激して身長を伸ばすことに期待ができます。
成長ホルモンの分泌は運動開始15分〜始まります。また運動終了後も成長ホルモン約3時間程度出続ける事が出来ます。

 

 

身長を伸ばす運動は縦方向系運動が重要!


運動と言ってもどんな運動をすれば良いのか?どんな運動でも成長ホルモンの分泌を活性化させる事が出来ますが、よりその効果を高める運動は縦方向系運動です。縦方向系運動とは縦方向に圧力が加えるタイプの運動です。なわとびやバレーボール、バスケットボールなどです。

 

 

これら縦方向に圧力が加わるタイプの運動は成長が実際起こる骨の「骨端線」を刺激するからです。
つまり骨端線をより強く刺激する運動が成長を促進する運動になるわけです。

 

 

なわとびやバスケットボール、バレーボールをやると身長が伸びると言われるのはあながちデタラメではなかったんですよね^^。
また、骨端線をより意識したストレッチなどもありそのようなストレッチも身長を高くする効果があります。

背を高くするストレッチなどの詳細は「背が高くなるストレッチページ」で記載しています

 

 

3 身長を促進する食事の摂取


食べ物の中には身長の促進効果がある食品があります。それは大きく分けると4つあり、タンパク質、カルシウム、亜鉛、マグネシウムになります。
それぞれの効果は違いますが、いずれも成長を促す効果に繋がります。

 

 

たんぱく質

骨の生成などをサポートしてくれます。成長ホルモンの分泌を促進させる事から最も身長を促進させる食べ物として知られています。

 

タンパク質が多い食品

牛肉、魚、大豆、牛乳

 

 

カルシウム

強い骨を作るのに必要です。実際に成長をする骨端線も強くして身長が伸びる事を促進させます。

 

カルシウムが多い食品

牛乳、ワカメ、豆腐、しらす

 

 

亜鉛

ミネラルの中でも骨の成長に関わっているミネラルです。

 

亜鉛が多い食品

牡蠣、納豆、うなぎ、豚レバー

 

 

マグネシウム

骨の健康を維持する作用があります。成長の中心である骨端線の健康も維持します。

 

マグネシウムが多い食品

大豆、きな粉、干しひじき、ほうれん草、バナナ

 

より詳しい食べ物について「背が高くなる食べ物ページ」で紹介しています。

 

 

4 出来るだけストレスを溜めない生活


ストレスは様々な病気になる健康への大敵ですが、身長が伸びる事でもそれは同じです。
ストレスは成長ホルモンの分泌異常を引き起こして成長ホルモンの分泌を著しく減少させてしまいます。

 

 

成長ホルモンの分泌が減少すればいつまでたっても身長は高くなりません。
ストレスは成長ホルモンの分泌異常の他にも食欲が減退したり、睡眠が浅くなったりと成長の為のポイントを防いでしまう事もあります。

 

 

小学生でもストレスを感じる時代です。子供がストレスが原因で成長ホルモンの分泌が減少して背が伸びない事は病気としても知られていてその名前は「愛情遮断性低身長」と呼ばれています。
家族内での愛情の欠如だけでなく、子供間の人間関係からも発症します。しかし、ストレスが解消すれば成長ホルモンの分泌が戻り成長が加速するので一時的な現象でもあります。

 

「愛情遮断性低身長」については「愛情遮断性低身長の治療のページ」にて記載しています。

 

ストレスが引き起こす異常(身長に関して)
  • 成長ホルモンの分泌が減少する
  • 食欲が減退する(成長ホルモン促進の食べ物の摂取も少なくなる)
  • 睡眠が浅くなる(睡眠が浅いと成長ホルモンの分泌もより少なくなる)

 

 

以上成長ホルモンを活性化する事で背が高くなる方法の4ポイントでした^^。
逆に成長ホルモンが活性化しない生活を送っていると身長は止まってしまいます。

 

詳細は身長を止めてしまう生活習慣については「身長を止めてしまう生活習慣ページ」にて記載しています。

 

 

 

 

 

背が高くなる薬や成長ホルモン剤はある!しかし使えない!?


楽に背が高くなる方法として思いつくのが背が高くなる薬や成長ホルモン剤ですよね!背が高くなる薬は実在します。
例えば「ソマゾン」と言う薬は軟骨細胞に働きかけ骨自体を伸ばして身長を伸ばす作用があります。
また、「ノルディトロピン」と呼ばれる薬は成長ホルモンで、摂取する事で身体の成長促進効果が認められています。

 

 

いわゆる成長ホルモン剤投与になりますが、残念ながら日本では低身長になる病気「低身長症」と医者に判断された人のみ使用が可能です。
つまり一般的には手に入れる事は出来ません!

 

 

日本の場合は成長ホルモン自体を投与するのではなくて成長ホルモンを促進させるタイプの「アルギニン」などの成分を含んだ「成長ホルモン促進サプリメント」の場合のみ許可されています。⇒「成長ホルモンを促進するサプリメント」を見てみる!

 

 

成長ホルモン・背が高くなる薬は使えない!
成長ホルモン剤投与をしたい場合 海外で高額費用がかかる
背が高くなる薬(成長ホルモン系)を投与したい場合 低身長症と診断される事が条件

 

 

身長促進に使える!?成長ホルモンを活性化するサプリメント!


成長ホルモン投与が出来れば成長ホルモン投与がベストですが、日本では許可されておらず、海外で実施出来ても莫大な費用と大きな副作用の可能性が出てきます。

 

 

そこで最近注目を集めてきているのが成長ホルモンを投与するのではなくて持っている成長ホルモンを活性化する方法です。
それがサプリメントで摂取する事が出来るようになりました。

 

 

成長ホルモンの分泌を促進するアルギニン含有サプリメント

小学生までの成長ならドリンクタイプに出来る「アスミール」が売れています!
中学生〜社会人までなら「トータルアップ」が売れています!

 

小学生部門

アスミール(ドリンクタイプ)

 



 

アスミール 詳細はこちら

 

 

 

中学生・高校生・大学生・社会人部門

トータルアップ(サプリメントタイプ)

 



 

身長サポートサプリメント【トータルアップ】

 

 

 

さらに追加したい!より成長ホルモンを活性化するコツ!


成長ホルモン作用を活性化させるサプリメントなどを摂取すれば成長ホルモンは活性化しますね^^。
さらに成長ホルモンを活性化させたい場合はちょっとした習慣もプラスするとさらに効果は高まります。

 

 

日光浴が成長ホルモンの活性化をサポート!


身長を伸ばす為の4つの方法は前述した通りです。
その中で、成長ホルモンの活性化に大きく貢献している質が良い睡眠ですが、この睡眠の質を大きく上げる方法があります。

 

それが「日光浴」です。

 

 

人間が決めた1日の時間は24時間ですが、人間自体の体内時計と言われる時計は25時間です。
この25時間の中で睡眠と目覚めを繰り返しています。この事をサーカディアンリズム(概日リズム)と呼びます。

 

 

24時間あるなかでの体内時計は25時間だとズレが生じてそこが高い睡眠を妨げてしまう原因にもなります。
しかし、このズレを調整する方法がありその方法が朝起きた時に太陽の光を30分以上浴びる事です。

 

 

朝に太陽の光を30分以上浴びる事で光が脳に働きかけて体内時計を調整してくれる作用があります。
同じ時間に毎日起きているし、同じ睡眠時間なのに目覚めがよくないと感じた場合はサーカディアンリズム(概日リズム)の調整の為に朝に太陽を30分以上浴びると質が高い睡眠が期待出来ます^^。

 

 

 

正しい姿勢も身長が伸びる事を後押しする!


猫背などの悪い姿勢は身長が伸びる事を妨げる原因になります。

 

 

骨端線を増殖する事で身長が伸びますが、常に曲がった状態の骨端線は通常の骨端線と比べると増殖率が落ちてしまいます。
さらに猫背の場合などは内臓が圧迫される事が多いので消化不良にも繋がり、結果的に身長を伸ばす事を妨げると考えられています。

 

 

また、曲がった姿勢は実際の身長よりも曲がっている分低く見えてしまうので悪い姿勢ではいいことはありません。
身長の伸びに悩んでいる人で猫背などの悪い姿勢が分かっている人は背が高くなる方法の実践と同じに悪い姿勢を正しい姿勢に直してみてはいかがでしょうか^^。

 

 

 

成長ホルモンの分泌時期別の背が高くなる方法


成長ホルモンが盛んに分泌される時期とそうでもない時期、またはストレスが溜まりやすい時期などがありますね。
そんな時期別に背が高くなる方法をまとめてみました。

 

小学生・中学生の場合の背が高くなる方法


小学生や中学生の場合、男子でも女子でも体育の時間が必然的にあり、昼食もタンパク質やカルシウムなどのバランスが取れた給食を摂取するので背が高くなる4つの方法のうちA運動とB食事はおおよそカバーが出来ている子供が多いのが特徴ですね^^。

 

 

もちろん、昼食が給食でバランスが取れていても、朝食を抜いてしまったり、夕食など主要な食事で偏った食事をしてしまうと「成長ホルモンの促進」にマイナスの影響を与えてしまいます。

 

 

どの年代も成長するには「成長ホルモン」が活性化するように、@深く長い睡眠、A定期的な運動、B身長を促進させる効果がある食事、Cストレスを溜めない生活を徹底する事がベストですが、小学校の高学年あたりから友人社会による人間関係や塾、習い事などの関係でストレスを持つ子供も多くなりました。

 

 

大人になっていない段階でストレスを溜める事は成長ホルモンを活性化を大きく阻害してしまいます。
そしてストレスが大きくなると睡眠にも影響が出て、背が高くなる4つのポイントのうち@睡眠とCストレスのポイントでマイナスになってしまいがちです。

 

 

背を高くする為の睡眠時間
小学生の場合 10時間以上の睡眠が適正
中学生の場合 8時間以上の睡眠が適正

 

 

 

背が伸びない事に悩む小学生・中学生へ!
友人関係に重きを置きたい時期ですが、一歩下がってみるのも方法です。人間関係の事ばかり考えていると背が高くならないだけでなく
すべてでマイナスだよ!

 

背が伸びない小中学の子供を持つ親御さんへ!
親からの視点で見ると小学校や中学校の子供達は子供の世界が出来てくると学校であった出来事を親に話す事が少なくなっていきます。
悩みなどを溜め込む事でストレスは大きくなります(大人と同じですよね!)

 

 

時には親視線ではなく、子供視線になって子供の学校生活の話題から学校での出来事を聞いてあげる事が出来るようになればそこから悩みを見つけ出して解決をサポートする事も出来やすいと思います!

 

 

背が高くなる方法以前に、自分の子供にストレスがあるのは親としてどうにか解決したい悩みですよね!

 

小学生・中学生の背を高くするポイント箇所

 

 

高校生・大学生の場合の背が高くなる方法


高校生や大学生の生活で背を高くする方法を実現するのに大きな壁は身長を促進させる食事が取れていない事です。
高校生以上になると昼食も友人と食べ、夜も友人などと外食などをする機会が増えてきます。

 

 

また、青春を謳歌したいこの時期は皆どの年代と比べても就寝時間がとても遅いのが特徴です。
つまり睡眠時間が少ない傾向にあります。

 

 

 

また、小学生や中学生同様に学校に所属している限り、友人関係のトラブルは付き物で、人間関係の悩みも多くストレスが多い時期です。
このように見ると高校生や大学生の場合は背を伸ばす事に必要な@深く長い睡眠、B身長を促進する食事、Cストレスを溜めない生活などは達成できにくい環境と言えます。

 

 

 

高校生・大学生の場合の背が高くなるポイントは、@の深く長い睡眠を心がける事が1番です。
高校生や大学生の環境でストレスをフリーにするのは難しいです。そこを改善するよりも早く寝て睡眠を保つ事と身長を促進させる食事を取る事が大切です。

 

睡眠時間と身長を促進させる食事の摂取を保つ事でストレスによる成長ホルモンの活性化の阻害を防ぎましょう。

 

背を高くする為の睡眠時間
高校生の場合 8時間以上の睡眠が適正
大学生の場合 7時間以上の睡眠が適正

 

 

身長を促進させる効果がある食事については外食、ファーストフードは出来るだけ抑える事がポイントですね!
ストレスが溜まる事は避けられない時代ですが、その中でもストレスを受けない方法を自分なりに考えると良いですね!

 

重点的に意識する事

重点@ 深い良質な睡眠
重点A 毎日のバランスが取れた食事

 

 

高校生・大学生の背を高くするポイント箇所

 

 

社会人(20代後半の男女)までの背が高くなる方法


20代以上の社会人の場合は、小学生や中学生、高校生などと違って成長ホルモン自体の活性力が大きくありません。
この時期に大きな成長を試みるのは難しいですが、数センチ単位の成長は背が高くなる方法のポイントを徹底的に実践していれば背は高くなる事は可能です。

 

 

成長ホルモンの活性がほとんどなくなる30歳までに数センチでも伸ばそうという意識でがんばりましょう^^。
良質な長い睡眠(社会人は7時間以上と言われています)、バランス良い食事、定期的な運動、ストレスを出来るだけ溜めない生活を徹底的に心がけましょう^^。

 

 

社会人の背を高くするポイント箇所

 

 

社会人(30歳以降の男女)の場合の背が高くなる方法


この時期はほぼ完全に成長を促進させる成長ホルモンの分泌もほとんど無く、実際に背が伸びる部分の「骨端線」も閉じてしまっている状態です。
食べ物や睡眠、運動から成長ホルモンを活性化させて成長促進させる方法は効果がありません。

 

 

つまり日常生活の中で背が高くなる事は90%以上の確率でありません。
しかし、そんな30歳以降の人でも背が高くなる方法があります。それが整形外科の手術により身長を高くする方法です。
この手術には確実性がありますが、感染症や日本での実施例が少ない事、また、高額費用などの諸問題があります。

 

 

 

さらに非常に強いとされる「痛み」の問題もある為に最終手段として考えてください。
私はオススメしませんが、現在では「ISKD法」と「イリザロフ法」と呼ばれる2つの背を高くする手術がメジャーですね!

 

背を高くする整形外科手術
@イリザロフ法 イリザロフ法の詳細ページ
AISKD法 ISKD法の詳細ページ

 

 

 

ちなみに私なら残りの10%の確率にかけて成長ホルモンを促進する「アルギニン」含有のサプリメントを飲んで成長ホルモンを活性化させる事に費やしますね^^。
費用の問題も、痛みや感染症の問題までも背負ってまで背を高くしたいとは思っていません^^。

 

成長ホルモン活性化サプリメント
更新履歴